不動産ニュース / その他

2018/10/5

明和住販流通センター、新社屋が竣工

地下1階地上6階建ての新社屋外観。外壁は四面すべてが御影石貼り

 (株)明和住販流通センター(東京都世田谷区、代表取締役:塩見紀昭氏)はこのほど、本社新社屋を竣工。5日、関係者向けの見学会を開催した。

 新社屋は、東急電鉄世田谷線「若林」駅徒歩3分に位置。敷地面積693.17平方メートル、延床面積2,686.13平方メートル、鉄筋コンクリート造地下1階地上6階建て。これまで別々の場所で業務を行なっていたグループ会社2社((株)快適空間、(株)明和管財)も新社屋に合流する。

 外壁やエレベーターホールの床は御影石貼りとし、ホールの壁面には大理石を採用している。雨どい、排気、給気ガラリは外壁面に出ないよう隠蔽配管に。オフィスフロアの二重床システムの耐荷重は5,000Nを採用、構造設計は建築基準法上の耐震基準の1割アップとした。また、全フロア空調設備に加湿器を設置したほか、照明はすべてLEDを使用。防犯カメラ設置やSECOMセキュリティを導入、入退館はすべてカードでの認証を必要とするなど、防犯性も高めた。

 2~4階をオフィスフロアとし、4階には社員同士のコミュニケーションの場となる休憩室やリラクゼーションルーム、打ち合わせスペースを設置。5階には、60名対応の大会議室・セミナールームを設けた。1階の応接室は全4部屋、そのうちの1部屋はIT重説に対応した設備を備えている。地下1階には、これまで5ヵ所に分散して保管していた書類の保管庫と、防災用品を備蓄する倉庫を確保。18台収容可能な機械式駐車場も備えている。

 同社は1987年の創業。賃貸管理会社として、30年間で売上高は約100億円、管理戸数は1万戸に達する。新社屋での業務開始は9日から。

地下1階の書類保管庫。これまで5ヵ所に分散して保管していた書類を集約した
1階・第2応接室はIT重説の際に使用できる環境をつくった

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。