不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/10/11

民泊物件の2割が「適法と確認できない」

 観光庁は10日、住宅宿泊仲介業者の取扱物件の適法性について調査。その結果を公表した。

 同庁では、住宅宿泊仲介業者37社に対して、住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行日(6月15日)時点における取扱物件について提出を求め、所管の自治体に対して適法性の確認を依頼。このほど結果をとりまとめた。

 37社の取扱件数は合計2万4,938件で、そのうち「適法と確認できなかった物件」は4,916件。合計件数に対する割合は約20%だった。その理由としては、「虚偽の届出番号等により掲載しているもの」、「届出番号と一致するものの住所が異なっているもの」、「届出等がなされた事業者名と異なる名称のもの」などがあった。観光庁は、仲介業者に対してこれらの物件を削除するよう指導している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年6月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

各種法律の改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/5/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年6月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
解説「令和2年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、民法(相続法)、土地基本法(案)、建築物省エネ法などの改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説!併せて、「取得」「保有」「運用」「譲渡」「相続・贈与」といった場面ごとの税制特例も網羅します。資料編として、税額表も各種計算例も掲載。ご一読いただき、日々の実務にお役立てください。