不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/10/17

44%が「最低賃金改定で給与体系見直し」

 帝国データバンクは15日、「最低賃金改定に関する企業の意識調査」の結果を発表した。

 調査期間は9月13~30日、調査対象は全国2万3,101社で、有効回答企業数は9,746社。
 2018年度の改定後の最低賃金は全国平均で874円(前年度比26円増)。地域別では都道府県ごとに24~27円引き上げられ時給761~985円となる。比較可能な02年度以降で最大となっている。

 最低賃金の改定を受け、自社の給与体系を「見直した(検討している)」企業は44.0%。「見直していない(検討していない)」は40.0%。前回調査の16年9月時点と比較して、「見直した」企業の割合は9.0ポイント増と、最低賃金改定が従来よりも給与体系を見直すきっかけとなっていることが分かった。

 採用時で最も低い時給は、「約975円」で最低賃金の全体平均より101円高い結果に。業界別では「サービス(1,016円)」「建設(1,003円)」「不動産(1,009円)」、都道府県別では「東京都(1,071円)」「神奈川県(1,048円)」「大阪府(1,010円)」が1,000円台となった。

 今回の最低賃金の引き上げ額について、「妥当」が43.8%で「低い」(15.2%)および「高い」(13.7%)を大きく上回った。ただし、消費回復への効果については、「ない」とする企業が54.6%で半数を超え、「ある」と考える企業は9.0%にとどまった。

 18年度に賃上げした企業は83.1%。内容は「定期昇給」が62.2%で最も多く、「賞与(一時金)」(36.4%)や「ベースアップ」(33.4%)は3社に1社で実施している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年12月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・知っ得!営業に役立つ建築基礎講座
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/11/14

「記者の目」更新しました

地域で“求められている”ものを創り出す」を更新しました。
働き方改革などの影響により、コワーキングオフィスやシェアオフィスなど、多様なオフィスが各地で増えています。それらはオフィス運営企業が提供しているものがほとんどですが、今回取材したシェアオフィス「NAGAYA清澄白川」は、地域住民が中心となった法人が開業しました。取り組みを開始した経緯とは?