不動産ニュース / その他

2018/11/8

JR東、駅ナカシェアオフィスで実証開始

「STATION BOOTH」外観イメージ
「STATION BOOTH」内部

 東日本旅客鉄道(株)は6日、シェアオフィス事業「STATION WORK」の事業展開に向け、ブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」の実証実験を行なうと発表した。

 社会課題となる働き方改革・生産性向上のサポート等を目的として、移動時間ロスの少ない駅ナカ等にシェアフィスを設置する。ブース型・コワーキング型・個室型の3タイプを展開する予定で、今回ブース型オフィスを3つの駅に設置し、事業の検討を進める。実施期間は2018年11月28日~19年2月20日。

 設置場所は東京駅・新宿駅・品川駅構内。個人・法人向け各2台の計4台を各駅に設置する。サイズは、東京駅に設置するものが底辺約1.1m×1.1m、高さ約2.2m。新宿駅・品川駅は底辺約1.2m×1.2m、高さ2.2m。

 予約開始は18年11月19日から。個人は専用WEBサイトからの登録制、法人はJR東日本との法人契約後、利用アカウントを付与する。15分または30分の予約制(1日1アカウント30分が利用上限)。利用時間は午前9時~午後9時。利用料は無料。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。