不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2018/11/9

先行投資実施で減益/APAMAN18年9月期

 APAMAN(株)は9日、2018年9月期決算(連結)説明会を開催した。

 当期(17年10月1日~18年9月30日)は、売上高416億8,200万円(前期比3.5%増)、営業利益16億2,600万円(同36.4%減)、経常利益8億8,100万円(同56.3%減)、当期純損失10億7,300万円(前期:純利益13億円)。減益は、シェアリングエコノミー事業、プラットフォーム事業への先行投資が要因。

 シェアリングエコノミー事業では、fabbitブランドによるコワーキングの運営とエコシステムの提供、民泊運営、コインパークやシェアパーク運営、シェアサイクルを全国展開。コワーキング直営は22ヵ所(前期比7ヵ所増)、民泊は716室(前期実績なし)、コインパーキングは3,028台(前期比673台増)、シェアパークは7,939台(同3,956台増)、シェアサイクルは490台(前期実績なし)となった。売上高は13億1,700万円(前期比18.7%増)、営業損失は4億6,200万円(前期:営業利益2,800万円)。

 プラットフォーム事業は、約20万人のオーナー・約100万人の入居者データベース、約20万棟の管理物件のデータベースに対し、データマイニングやマーケティングを実施。データベース規模拡大のため、賃貸管理獲得の先行投資を実施。管理戸数は過去最大級の9万198戸(前期比1万8,740戸増)となった。売上高は333億6,800万円(同6.4%増)、営業利益は19億7,300万円(同10.3%減)となった。

 クラウドテクノロジー事業については、AI、RPA、IoT商品やサービスを提供。売上高73億3,400万円(同5.1%増)、営業利益11億4,700万円(同5.8%増)を計上した。

 同社代表取締役社長の大村浩次氏は、「当社が保有するデータベースに対し、AIやRPA技術によって、顧客に対しては極めて利便性の高いサービスを提供し、業務においては生産性向上により高い成長率を実現したい。19年9月期は、コワーキング30ヵ所、民泊1,500室、パーキング4,000台、シェアサイクル1,000台、管理戸数10万戸を目標に、先行投資を継続しつつも増収増益を目指す」と話した。

 次期は、売上高450億円、営業利益20億円、経常利益14億円、当期純利益6億円を見込む。

この記事の用語

コワーキングオフィス

独立して働く人々が共同利用しながら働く事務所。そのような場所を「コワーキングスペース」ということもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。