不動産ニュース / 開発・分譲

2018/11/22

JR東、「横浜」駅の新駅ビルの名称決定

計画地イメージ

 JR東日本グループは22日、「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」(横浜市西区)の名称が、「JR横浜タワー」(駅前棟)、「JR横浜鶴屋町ビル」(鶴屋町棟)に決定したと発表した。

 横浜駅周辺エリアの集客拠点となりエリア価値向上に寄与する商業施設とともに、国際競争力の強化に資する業務施設棟を整備するべく、2020年の開業を目指して2棟の開発を推進していた。

 「JR横浜タワー」は、地上26階地下3階建て、延床面積約9万4,000平方メートル。地下3階から地上10階は商業ゾーンで、地下3階~地上1階は「CIAL横浜」、1~10階は「NEWoMan横浜」、8~10階は(株)ティ・ジョイの運営するエンタテインメント・コンプレックス「T・ジョイ横浜」となる。12~26階は、(株)ジェイアール東日本ビルディングがオフィスを運営する。

 「JR横浜鶴屋ビル」は、地上9階建て、延床面積約3万1,500平方メートル。1~3階が「CIAL横浜ANNEX」、2~3階がフィットネス・スパ、3~9階は「JR東日本ホテルメッツ横浜」、4~9階は駐車場。なお、3階には保育園も併設する。

 開業は2020年の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。