不動産ニュース / IT・情報サービス

2018/12/3

災害リスク調査、トップは「ハザードマップで調べる」

 リビン・テクノロジーズ(株)はこのほど、「居住地域の自然災害への強弱」に関する調査結果を発表した。同社のサイト「リビンマッチ」を利用する全国の20歳以上の男女480人にアンケート調査した。

 自宅を「戸建て(所有))」「マンション(所有)」「戸建て(賃貸)」「アパート・マンション(賃貸)」と回答した人に「居住地域が自然災害に強いか弱いかを気にするか?」を尋ねたところ、「とても気にする」が48.6%、「やや気にする」が40.2%に。

 「あまり気にしない」「まったく気にしない」との回答者にその理由を聞いたところ、「気にしても仕方がない」(35.3%)、「今のところ大丈夫だから」(31.4%)と、楽観的な考えが1・2位を占めた。以下、「自分の住みたいところに住みたいから」(17.6%)、「先祖代々の土地だから」(7.8%)「改良工事や基礎工事をしっかりするから」(3.9%)の順。

 「とても気にする」「やや気にする」との回答者に居住地域の災害経験の有無、過去何だったかを調べるか」を聞いたところ、「両方調べる」が39.6%、「両方調べない」が38.9%と、ほぼ同率であった。

 災害リスクの調査方法のトップ3は、「ハザードマップで調べる」(31.7%)、「不動産会社に聞く」(25.2%)、「ご近所さんに聞く」(24.5%)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。