不動産ニュース / 政策・制度

2018/12/19

ハザードマップサイトの機能拡充/国交省

「重ねるハザードマップ」での土地分類基本調査(地形分類図)の表示例

 国土交通省は18日、ハザードマップポータルサイト「重ねるハザードマップ」の機能を拡充。地形分類図を容易に確認できるようにした。

 ハザードマップポータルサイトは、防災に役立つさまざまなリスク情報や全国の市町村が作成したハザードマップを便利に簡単に活用できるようにまとめたサイト。「重ねるハザードマップ」は、リスク情報を1つの地図上に重ねて表示するサービス。土砂災害警告区域や津波浸水想定等を確認できる。

 今回新たに「重ねるハザードマップ」で、5万分の1地形分類図を確認できるようにした。地形分類図とは、土地の成り立ちを確認できるもの。これを知ることで、「谷底平野」は集中豪雨があった場合河川の氾濫リスクがある、「旧河道」は河川の氾濫により周囲よりも長期間浸水し水はけが悪い、等の自然災害のリスクを理解することができる。

 また、「簡易的な水害リスク情報の作成および公表にあたっての留意事項等を整理した手引き」も公開。洪水浸水想定区域の公表等が行なわれない都道府県管理の中小河川沿いの河川氾濫について、簡易的な水害リスク情報の作成手法を示している。国土交通省のホームページから閲覧可能。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。