不動産ニュース / IT・情報サービス

2019/1/25

オンライン不動産投資の第1号ファンド募集

 ケネディクス(株)と(株)野村総合研究所の合弁会社であるビットリアルティ(株)は、オンライン不動産プラットフォーム「bitREALTY(ビットリアルティ)」において、第1号となる不動産ファンドの募集を、29日12時より開始する。

 「bitREALTY」とは、個人でもプロ向けの不動産ファンドにインターネットを通じて投資ができるシステム。これまで、個人投資家の不動産投資は、アパート経営やJREITなどに限られていたが、「bitREALTY」では一部のプロ向けに限定されていた非上場の不動産投資に直接アクセスすることが可能となる。

 第1号ファンド物件は、六本木エリアに位置する商業ビル「レム六本木ビル」(東京都港区)。2017年2月竣工。同ビルの不動産信託受益権を保有するSPCに対するローンの一部を、ビットリアルティが組成するSPCが取得。投資家は、このSPCへの匿名組合出資を通じ、同ビルの不動産担保ローン債権の投資を行なう。

 募集総額は1億60万円、想定利回りは年換算で2.3%。予定運用期間は約7ヵ月で、募集期間は2月7日18時まで。最低投資額は100万円以上(1口10万円、10口以上)とする。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。