不動産ニュース / 開発・分譲

2019/2/5

竹芝の開発地名称「WATERS takeshiba」に

JR
「WATERS takeshiba」完成予想図

 東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)は5日、東京都港区で進めている複合開発「竹芝ウォーターフロント開発計画」の名称を「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」に決めた。

 同開発は、劇団四季の劇場があった港区の湾岸エリアにホテル・オフィス・商業・劇場等を整備する複合開発プロジェクト。敷地面積は約2万3,000平方メートル。高層棟(地上26階地下2階建て)、劇場棟(地上6階地下1階建て)、駐車場棟(地上10階地下1階建て)の3棟構成で、合計延床面積は10万2,600平方メートル。

 高層棟は、ホテル(総265室予定)とオフィス(約1万5,000平方メートル)などで構成。ホテルは国際的なブランドホテルを誘致する計画。劇場棟は四季劇場「春」と「秋」の2館を備え、既存の自由劇場と合わせて敷地内に3館の劇場を設ける。このほか、浜離宮恩賜庭園に臨むテラスなども整備する。

 高層棟と駐車場棟は2020年4月に開業、劇場棟は同年内の開業を予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。