不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/2/6

23区オフィス空室率、過去最低の1.71%に

 (株)ザイマックス不動産総合研究所は6日、東京23区のオフィス市場を分析した「オフィスマーケットレポート東京 2018Q4」を公表した。

 当期(18年10~12月期)の23区オフィス空室率は1.71%(前期比0.30ポイント低下)。12年第3四半期から一貫して下降が続き、過去最低を記録した。

 空室の増減は、増加面積が16万5,000坪、減少面積が20万1,000坪となった。16期連続で減少面積が増加面積を上回り、空室率の低下につながっている。四半期ごとの空室在庫に対する空室減少の割合を示した空室消化率は49.7%と7期連続で上昇した。

 新規成約賃料インデックスは123(同1ポイント上昇)と上昇。前期の上昇幅(9ポイント)と比べ縮小したが、前年同期比では17ポイント上昇となっており、依然として新規賃料は上昇傾向にあると見られる。

 成約賃料DIは、プラス23(同変化なし)と、15期連続のプラス数値に。新規・継続を含む支払い賃料インデックスは91(同変動なし)と横ばいだった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年11月号
日々の実務に役立つ情報満載です

さまざまな手法でDIY賃貸に取り組む不動産会社を取材!導入の効果や、ユーザーの反響などを伺い、普及への「カギ」を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/10/18

「記者の目」更新しました

生活困窮者に救いの手を」更新しました!
2015年の厚生労働省の調査によると、子どもの7人に1人、ひとり親世帯の約半数が日々の生活に困窮しているという。私たちが思うよりもずっと、日本の貧困問題は深刻だ。そんな中、NPO法人と連携し、生活困窮者に「住宅」のみならず「食品」までも支援する不動産会社がいる。社会課題に果敢に挑む、その姿を追った。