不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/2/7

都心5区オフィス空室率、6ヵ月連続低下

 三鬼商事(株)は7日、1月の全国主要都市のオフィスビル最新市況調査の結果を発表した。

 東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空室率は1.82%(前月比0.06ポイント低下)と6ヵ月連続の低下。既存ビルの解約の動きが小規模に止まったため、地区全体の空室面積がわずかに減少した。

 新築ビルの空室率は3.21%(同0.14ポイント上昇)。大規模ビルを含む満室稼働のビルが既存ビルの区分へシフトしたことで、空室率が上昇した。既存ビルの空室率は1.78%(同0.07ポイント低下)。

 1坪当たり平均賃料は2万1,010円(同0.59%上昇)。平均賃料の連続上昇は61ヵ月に達した。

 大阪ビジネス地区の平均空室率は2.72%(同0.11ポイント低下)。自社ビルからの移転などによる成約が見られたほか、解約・募集開始の動きが中小規模に止まったため、地区全体で空室率が減少した。1坪当たり平均賃料は1万1,446円(同0.20%上昇)で、25ヵ月連続の上昇となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。