不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/2/25

東京Aグレードオフィス空室率、1%台を維持

 JLLは25日、2018年第4半期の「ジャパン プロパティ ダイジェスト」を発表した。日本のオフィス、リテール(店舗)、ロジスティクス(物流)などの空室・賃料・価格動向、需要・供給動向、および12ヵ月の予測をまとめている。

 東京Aグレードオフィスの空室率は1.0%(前期比0.5ポイント低下)。2四半期連続で1%台を維持した。中心業務地区全体で低下し、渋谷は引き続きほぼ0%で推移。既存ビルの空室が極めて限定的となる中、供給予定の予約契約率が好調となっている。平均賃料は、月額坪当たり共益費込みで3万8,178円(同1.4%上昇)、前年比では3.9%の上昇。新規供給が上昇をけん引し、27四半期連続での上昇となった。価格は前期比で1.9%上昇、前年比7.2%の上昇。12ヵ月の見通しについては、空室率の上昇は限定的となり、賃料は緩やかな上昇基調を維持すると予測。価格は緩やかに上昇するとしている。
 大阪Aグレードオフィスの空室率は1.1%(同0.05ポイント上昇)。梅田や御堂筋におけるテナントの入れ替えを反映し、小幅上昇となった。賃料は2万694円(同2.1%上昇)、前年比では10.1%の上昇で、18四半期連続の上昇。価格も前期比で7.2%上昇、前年比で27.9%の上昇と、21四半期連続で上昇している。12ヵ月の見通しでは、空室率は一層低下し、賃料の上昇は引き続き強くなると予測した。

 東京リテール市場は、月額坪当たりの賃料が共益費込みで8万405円(同1.0%上昇)。銀座の1階賃料が上昇をけん引、10四半期ぶりの上昇となった。価格は前期比で0.5%の上昇、前年比で3.7%の上昇。12ヵ月の見通しについては、堅調な需要に対して比較的限定的な供給が続くことから、銀座と表参道の賃料は引き続き高位・安定的に推移するとしている。

 東京ロジスティクス市場では、東京圏空室率が4.1%(同1.0ポイント低下)、月額坪当たりの賃料は4,217円(同0.3%下落)、価格は前期比で2.0%の上昇。

 東京ホテル市場については、1日当たり販売可能客室数当たり宿泊売り上げが、18年初来11月までの累計で前年比8.6%の増加。今期も東京5ツ星ホテルの売買取引は見られなかった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。