不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/3/14

首都圏マンション、平均購入価格は5,402万円

 (株)リクルート住まいカンパニーは14日、2018年首都圏新築マンション契約者動向調査結果を発表した。01年より毎年実施しているもので、今回は18年1~12月の首都圏新築分譲マンションの購入契約者を対象に調査。集計回答数は3,760件。

 平均購入価格は5,402万円(17年比50万円低下)。購入物件所在地別に平均購入価格の推移をみると、東京23区が6,158万円(同84万円低下)、埼玉県が4,541万円(同182万円低下)と低下したが、東京都下(5,168万円:同78万円上昇)、神奈川県(5,223万円:同18万円上昇)、千葉県(3,984万円:同3万円上昇)では上昇。東京都下、神奈川県は、01年の調査開始以来、最も高くなった。

 平均世帯総年収は960万円(同16万円上昇)で、調査開始以来の最高値。「600万~800万円未満」が最も多く、21.6%(同1.5ポイント減)を占めた。なお、「1,000万~1,200万円」が16.3%(同1.5ポイント増)、「1,200万円以上」が20.9%(同0.2ポイント増)となるなど、1,000万円以上の割合が徐々に増加する傾向にある。
 契約世帯のうち、既婚世帯の共働きの割合は66.0%(同1.1ポイント増)。01年以来、上下を繰り返しながら上昇、これまでで最も高くなった。

 購入理由のトップは、「子供や家族のため家を持ちたい」が41.6%(同1.0ポイント減)でトップ。以下、「現在の住居費が高くてもったいない」(31.5%:同0.6ポイント減)、「もっと広い家に住みたい」(24.4%:同0.3ポイント減)と続いた。「金利が低く買い時だと思った」は22.7%(同2.6ポイント減)で、2年連続の減少となった。

 具体的に検討した住宅の種別をみると、「既存マンション」がトップで46.9%(同1.8ポイント減)。並行検討状況では、「戸建住宅」の割合(26.1%:同0.2ポイント減)が、03年以降で最も低くなっている。

 平均物件見学総数の平均は5.0件(同0.3ポイント減)と、05年以降での最小値。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。