不動産ニュース / 政策・制度

2019/4/26

マンションへの永住意識が過去最高/国交省

 国土交通省は26日、「平成30年度マンション総合調査結果」を発表した。

 管理組合や区分所有者のマンション管理の実態を把握するための調査を約5年に一度行なっている。前回調査は平成25年度。全国のマンションの管理組合4,200件、区分所有者8,400件にアンケートを実施。有効回答数は組合が1,688件、所有者が3,211件。

 マンション居住の状況では、「永住するつもり」が過去最高の62.8%(前回調査比10.4%増)となった。居住者の高齢化が進展し、70歳代以上の割合は22.2%(3.3%増)となった。なお、完成年次が古いマンションほど70歳代以上の割合は高くなっており、1979年以前のマンションにおける70歳代以上の割合は47.2%だった。

 賃貸住戸のあるマンションの割合は74.7%(同3.1%減)で、完成年次が古いマンションほど賃貸住戸のあるマンションの割合が高くなる傾向にあった。空室があるマンションの割合は37.3%(同3.6%減)で、完成年次が古いマンションほど空室がある割合が高くなる傾向が見られた。

 マンション管理の状況では、計画期間25年以上の長期修繕計画に基づいて修繕積立金の額を設定しているマンションの割合は53.6%(同7.6%増)となった。計画上の修繕積立金の積立額に対して現在の修繕積立金の積立額が不足しているマンションの割合は34.8%であり、計画に対して20%超の不足となっているマンションの割合は15.5%。

 外部専門家の理事会役員への選任については、「検討している」「必要となれば検討したい」としたマンションの割合は28.3%であり、その理由として「区分所有者の高齢化」や「役員のなり手不足」が多く挙げられた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?