不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2019/5/22

売上高・利益とも2桁増/オープンH19年9月期2Q

 (株)オープンハウスは22日、2019年9月期第2四半期決算説明会を開催した。

 当期(18年10月1日~19年3月31日)の連結売上高は2,428億4,600万円(前年同期比42.9%増)、営業利益237億9,700万円(同13.0%増)、経常利益221億9,300万円(同10.0%増)、当期純利益161億3,200万円(同15.1%増)と、売上高、利益ともに前年同期比で2桁成長となり、過去最高を更新した。

 戸建関連事業は、18年10月1日付で子会社化した(株)ホーク・ワンの業績が寄与。仲介契約件数は1,370件(同30.1%増)で、増加幅の約3分の1がホーク・ワン子会社化の効果。売上高1,649億5,900万円(同60.8%増)、営業利益150億800万円(同11.1%増)となった。「ホーク・ワンは浦和、練馬、吉祥寺など従来当社がターゲットにしている都心の外周エリアに強い。土地・注文住宅など1,217棟を引き渡し、前年同期比約30%増を達成した。販売契約件数も1,146棟で、うち196棟はオープンハウスで仲介したもの。グループシナジーが発揮できている」(同社代表取締役社長・荒井正昭氏)。

 マンション事業は、2人世帯を対象とするコンパクトタイプのマンションが順調で、引渡件数は296戸(同78戸増)、売上高207億6,800万円(同80.4%)、営業利益33億500万円(256.3%増)となった。

 その他事業では、前期より本格始動したアメリカ不動産事業が好調。引き渡し件数は283棟(同151棟増)となり、セグメント売上高105億3,100万円(同112.6%増)、営業利益10億7,000万円(同32.2%増)と大幅に伸長した。「アメリカは、賃貸物件の家賃上昇が続く状況。投資物件の購入者が買い増す動きが出ている」(同氏)。

 通期の業績予想は、連結売上高5,100億円(同30.5%増)、営業利益540億円(14.2%増)、経常利益515億円(同11.8%増)、当期純利益370億円(同16.3%増)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。