不動産ニュース / ハウジング

2019/5/22

住宅確保要配慮者専用住宅への改修を支援

 国土交通省は22日、「住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業」の提案募集を開始した。

 住宅に困窮する子育て世帯や高齢者などの増加に対応するため、新たな住宅セーフティネット制度の枠組みのもと、既存住宅等を改修して住宅確保要配慮者専用の住宅とする民間事業者を支援する。

 応募要件は、住宅確保要配慮者専用の住宅として登録すること等。補助対象の工事は、(1)共同住宅用の住戸とするための改修・間取り変更、(2)バリアフリー改修(外構部分のバリアフリー化含む)、(3)防火・消火対策工事、(4)子育て世帯対応改修工事、(5)耐震改修、(6)居住のために最低限必要と認められた工事(従前賃貸住宅を除く)、(7)居住支援協議会等が必要と認める改修工事。
 補助率・限度額は、改修工事3分の1・1戸当たり上限50万円。なお、(1)~(5)のいずれかを実施する場合、1戸当たり上限100万円となる。

 募集期間は2020年2月28日まで。詳細・申し込みは事務局ホームページを参照。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。