不動産ニュース / 開発・分譲

2019/6/7

愛知県小牧市で大型物流施設/大和物流

 大和物流(株)は3日、「小牧物流センターI」(愛知県小牧市)を本格稼働した。

 同社は2018年10月より、2棟構成・総延床面積約3万7,000平方メートル超の物流施設「小牧長治プロジェクト」を開発しており、同施設はその1棟目。

 東名高速道路「小牧IC」、「春日井IC」から約4.5km、中京圏のみならず関東圏、関西圏へのアクセス性にも優れる立地。敷地面積約1万6,159平方メートル。鉄骨造地上4階建て(倉庫3階建て)、延床面積約2万2,618平方メートル。(株)フジトランスコーポレーションの入居が決まっている。

 なお、2棟目となる「小牧物流センターII」は19年9月に竣工する予定。敷地面積約8,988平方メートル。鉄骨造地上4階建て(倉庫3階建て)、延床面積約1万4,482平方メートル。横浜低温流通(株)に1棟ごと賃貸する予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。