不動産ニュース / 政策・制度

2019/6/11

コンパクトシティ政策、創設5年間の評価を

 国土交通省は11日、14回目となる「都市計画基本問題小委員会」を開催。コンパクトシティ政策、都市居住の安全確保に係る中間とりまとめの骨子案につき、議論した。

 骨子案では、制度創設5年を迎えたコンパクトシティ政策について、その要となる立地適正化計画の取り組み状況など政策の評価を行ない、さらに計画制度の裾野を広げるための人材の確保、国による自治体のサポート等に取り組むべきとし、データ分析と将来像に基づいた計画作成の促進、コンパクトシティの有効性の説明の強化、立地適正化計画における広域連携、居住誘導区域の魅力向上などを図るべきとした。また、コンパクトシティに向けた取り組みの一方で、インフラ整備が進展した中で市街地が拡散する要素があるため、このコントロールが必要とした。

 また、「都市居住の安全確保」については、土砂災害特別警戒区域は都市計画運用指針において原則として居住誘導区域に含まないこととされつつも、居住誘導区域としている都市も存在している点を課題とし、災害リスクに応じた立地の抑制等を図るとともに、すでにハザードエリア内に居住している住民の安全確保に向けた方針・方策を示し、立地適正化計画にも明示すべきとした。

 委員たちからは「コンパクトシティの価値観をしっかりと国が示し、国民にポジティブに捉えてもらう必要がある」「自治体に5年間でいきなり評価を示せというのは厳しい」「できるだけリアルタイムのデータで分析を」「集約・非集約の対立でまとめるのは違和感がある」「マイナスサムの地方都市で人口を集約するというコンパクトシティの成果がはっきりみえない」といった指摘を受けた。

 同省は、今回の議論を踏まえ、28日の次回会合で中間とりまとめ案を示す。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

コンパクトシティ

都市の中心部にさまざまな都市機能を集約し、都市を稠密(ちゅうみつ)な構造とする政策・考え方をいう。「集約型都市構造化」といわれることもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です

近年、多様な分野で導入が進む「スマホ決済サービス」。その仕組みを解説しつつ、既に不動産仲介の現場でサービスを導入した事業者に、そのメリット、課題などを伺いました。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/6/13

「松村文衞 お別れの会」ご参会の御礼

令和元年6月12日に執り行ないました弊社 前代表取締役社長 松村文衞の「お別れの会」に際しましては、ご多用中にもかかわらず多くの皆さま方にご来臨賜り、厚く御礼申し上げます。
故人がこれまで皆さまより頂戴いたしました数々のご厚情に感謝申し上げますとともに、故人同様今後も変わらぬご厚誼賜りますようお願い申し上げます。
令和元年6月13日 株式会社不動産流通研究所 代表取締役 丹羽洋子