不動産ニュース / 開発・分譲

2019/6/20

IoT活用し、患者の行動フロー等を解析

実証実験のイメージ

 三井不動産(株)とセンスウェイ(株)(東京都中央区、代表取締役社長:神保雄三氏)は6月より、地域でIoT普及・活用を目指す「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」のヘルスケア・ワーキングのプロジェクトとして、病院内の患者の行動フローと滞留箇所の可視化・定量化を解析するプロジェクトを開始したと発表した。柏の葉キャンパスにある国立がん研究センター東病院において実施している。

 今後、人口の高齢化に伴う外来患者の増加や医療従事者自身の高齢化に伴い、医療税源が不足することが予測されている。しかし限られた財源の中で病院の新築・改築等による患者サービスの改善は難しく、現在の資産を効率的に運用することで病院の機能を拡張することが求められている。

 そこで、同実証実験では、センスウェイが提供する個別識別タグと滞留計測器を使い、病院内の患者の行動フローの人流把握を行なう。
 滞留計測器の周辺に個別識別タグが近づくと、自動的にそれが記録される。この機能を活用し、患者が診察の際に持ち運ぶ受診票ファイルに個別識別タグをつけ、院内の複数地点に設置された滞留計測器で患者の院内における位置情報を自動的に記録・蓄積。データを解析することで、患者の待ち時間等のストレスの緩和や診察件数の増加を目指していく。

 今後、同プロジェクトをモデルケースに、他都市でも展開し社会課題への解決に取り組んでいく考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。