不動産ニュース / 開発・分譲

2019/7/3

大規模農園で持続可能な暮らしを提案

左からKURKKU代表取締役の小林武史氏、木更津市市長の渡辺芳邦氏、住友林業執行役員の髙橋郁郎氏

 住友林業(株)と、オーガニックなライフスタイル提案をテーマに商業施設の企画・運営、飲食店事業などを手掛ける(株)KURKKU、木更津市の3者は、サステナブルファーム&パーク「KURKKU FIELDS(クルックフィールズ)」(千葉県木更津市)を10月5日に開業する。3日、3者が会見した。

 館山自動車道「木更津北」ICより約15分。敷地は約9万坪(30ha)の広大な土地で、KURKKUが2010年に農場を開設し、有機野菜栽培、養鶏などを行なってきた。今回、それらの取り組みをステップアップし、ワークショップや収穫体験、食の魅力等を提案する施設とする。
 住友林業は、木材を生かしたダイニングレストラン、スイーツ、加工肉の販売店舗など4施設の施工を担当。木更津市は、人と自然が調和したまちづくりの推進を目的に「オーガニックなまちづくり条例」を10年に制定。同プロジェクトを親和性が高い取り組みとして支援している。

 施設内には、「農場」「食」「アート」等をテーマに、さまざまなコンテンツを用意。畑での種まきや植え付け等の体験プログラムの他、採れたての食材を提供するレストランやベーカリー、料理教室や企業研修で使用できる多目的スペース、宿泊可能なタイニーハウス等を設ける。また各所に自然と調和したアート作品も展示する。

 同日会見した、住友林業執行役員の髙橋郁郎氏は、「当社はかねてより、非住宅建築物の木造化に取り組んできた。訪れる人だけでなく、そこで働く人にも安らぎを与えるような施設を目指したい」などと述べた。

 今後は、音楽関連のイベントスペースや、新たなアート作品の展示など、順次コンテンツを増やしていく予定。

「KURKKU FIELDS」全体風景
施設内では、野菜の収穫、植え付けの他、収穫した食材を使った料理教室なども開催する(イメージ)

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。