不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/8/6

19年上期、首都圏投資用Mの供給量減少

 (株)不動産経済研究所は6日、2019年上期(1~6月)と18年1年間の「首都圏投資用マンション市場動向」を発表した。

 19年上期に供給された投資用マンションは71物件(前年同期比23.7%減)、3,196戸(同30.9%減)。物件数・戸数ともに減少した。平均価格は3,047万円(同1.3%下落)、平方メートル単価115万4,000円(同0.7%下落)と、いずれも下落している。

 供給エリアについては、都区部が16区(同3エリア減)、都下エリアが1エリア(同1エリア減)。神奈川県は7エリア(同2エリア減)。合計で供給エリア数は全24エリア(同6エリア減)だった。500戸を上回ったエリアはなく、最多は東京都品川区の330戸。東京都練馬区が313戸で続き、以下、東京都江東区285戸、東京都台東区276戸、東京都板橋区227戸。300戸超のエリアは2エリアのみにとどまり、前年同期から3エリア減少した。上位5エリアのシェアは44.8%で、前年同期より4.0ポイントダウンした。

 一方、18年1年間に発売された投資用マンションは161物件(前年比32.0%増)、7,816戸(同28.7%増)と、いずれも増加。1物件当たりの平均戸数は48.5戸(同1.3戸減)。平均価格は3,088万円(同9.2%上昇)、平方メートル単価は115万円(同3.5%上昇)だった。

 供給があったエリアは全33エリア(同2エリア増)。供給が多かったエリアは、東京都江東区が882戸(同375戸増)でトップに。東京都板橋区731戸、東京都練馬区607戸と続いた。事業主のトップは、(株)シノケンハーモニーの880戸。供給上位5社のシェアは44.7%(同3.6ポイントダウン)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年12月号
日々の実務に役立つ情報満載です

北海道から沖縄まで、全国11社を取材!そのビジネス手法に迫ります
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/11/11

「記者の目」更新しました

EVなし物件をDIY可で人気物件へ」更新しました!
エレベーターのない物件の上階は、借り手がつきにくいのが賃貸住宅の常識。今回紹介するある物件も、EVがなく、借り手が見つからない状態が長く続いていた。そこで(株)ジェクトワンは、同物件をクリエイター向けの「DIY可」オフィスとして転用することで、見事人気物件へと蘇らせた。