不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/8/13

東京ロジスティクス、空室率が3.3%

 JLLは13日、2019年第2四半期の東京ロジスティクス市場における空室率および賃料を発表した。

 東京圏の空室率は3.3%(前期比0.8ポイント低下、前年同期比1.1ポイント低下)。地域別では、東京ベイエリアが0.0%で前期比、前年同期比ともに横ばい、内陸エリアが5.2%(前期比1.1ポイント低下、前年同期比1.7ポイント低下)だった。

 東京圏の賃料は、月額坪当たり4,274円(前期比0.5%上昇、前年同期比1.4%上昇)。東京ベイエリアにおける新規供給の賃料水準が賃料上昇を牽引した。東京ベイエリアは前期比0.6%上昇、前年同期比3.0%上昇、内陸エリアは前期比0.1%下落、前年同期比0.2%上昇だった。

 今後は、19年と20年に大規模な新規供給が予定されているものの、今後も需要は堅調となると予測されることから、空室率の上昇は限定的となる見込み。賃料は、既存と新規供給とも概ね安定的に推移するとみている。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/17

「記者の目」更新しました!

『負動産化』を防げ!」更新しました!
いわゆる『負』動産化まで待ったなしなほど、ボロボロだった店舗付き住宅。「まちへの恩返し」との思いから地域のランドマークとして再生した、ある会社の取り組みを取材した。