不動産ニュース / 開発・分譲

2019/9/3

共働き夫婦向けに新発想空間を提案/小田急不

 小田急不動産(株)は3日、分譲住宅「LEAFIA」における取り組みとして、顧客の住まいへの期待を商品化するプロジェクト「想いカタチ. ファクトリー」を発足したと発表。

 ワークショップやアンケートを通じて、DINKs(double income no kids:子供のいない共働き夫婦)やDEWKs(Double Employed With Kids:子供がいて共に仕事を持つ夫婦)など、幅広い年齢層や家族構成の人々が、自分らしい時間を過ごせる住まいづくりを追求する。

 第一弾の取り組みとして、東京ガス(株)都市生活研究所を進行役とし、小田急不動産の子育て社員を対象に、ワークショップを実施。子育てや住まいに関する不満や改善したい困りごとの意見を集約し、それを踏まえて具体的な改善策を検証。20項目の空間提案「IDEA20」をまとめた。

 「IDEA20」には、明日の準備を玄関で済ませるよう、個人ロッカーとシューズインクロークを設置する案や、滞在時間が長いキッチンの周りに子供の居場所を用意する案など、新発想の空間提案を盛り込んでいる。

 「IDEA20」を採用した住宅の開発に着手、今冬に採用物件を販売する予定。

 「IDEA20」については、ホームページで公表している。

「IDEA20」の一例

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

キッチン

台所。調理の場所をいい、英語のkitchen。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。