不動産ニュース / リフォーム

2019/9/10

鳥取県の築45年の旅館を耐震化/ミサワH

「リファイニング建築」で耐震化した旅館の外観

 ミサワホーム(株)は、鳥取県東伯郡の「はわい温泉」に位置する築45年の旅館を「リファイニング建築」で耐震化した。

 リファイニング建築とは、(株)青木茂建築工房が提唱する、非住宅を中心に既存建物の耐震性や耐用年数を大幅に向上させる建物再生手法。ミサワホームは、2015年に同社と業務提携を締結。今年4月にはミサワホーム100%出資の新会社「MAリファイニングシステムズ(株)」を設立し、共同事業を加速してきた。今回は同事業の第3弾に当たる。

 同物件は、敷地面積6,966.55平方メートル。延床面積1万4,316.01平方メートル、鉄骨造・ 鉄筋コンクリート造・ 鉄筋鉄骨コンクリート造地上8階建て。山陰エリア最大級の大浴場を持つ老舗旅館。

 鳥取県の耐震改修促進法に基づく要緊急安全確認大規模建築物に該当していたことから同社に相談が寄せられ、今回の改修に至った。独自の工法で外観・内観などの風情を維持したまま耐震改修工事を実施。眺望の良さが魅力である旅館の特長を最大限に生かすためにブレースによる補強は行なわず、既存の壁を補強することで耐震性を確保。また、旅館の中核となる浴場を大規模リニューアルし、設備やデザインを刷新した。

 ミサワホームは今後、リファイニング建築を通じて、国や自治体が支援している耐震改修の促進や空き家問題などの社会的課題の解決に向けた提案を加速させていく方針。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。