不動産ニュース / 開発・分譲

2019/9/25

阪急阪神不、銀座で商業施設を開発

「(仮称)阪急阪神銀座3丁目ビル」外観イメージ

 阪急阪神不動産(株)は25日、東京・銀座で開発を進めている商業施設「(仮称)阪急阪神銀座3丁目ビル」の概要を公表した。

 同施設は、東京メトロ「銀座」駅から徒歩1分、並木通りと松屋通りの交差点角地という利便性の高い立地が特徴。敷地面積は305.20平方メートル。建物は鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造および鉄筋コンクリート造地上11階地下1階建て。延床面積は2,924.04平方メートル、基準階賃貸面積は223.87平方メートル。

 外観はカーテンウォールを採用し、シャープな印象に仕上げるほか、一部に柳や並木といった銀座の特徴をモチーフにしたアートフィルムを取り入れる。

 地下1~地上2階には、核テナントとして(株)資生堂のグローバルプレステージブランド「SHISEIDO」の旗艦店の出店が決定。同ブランドでは世界最大規模の路面店となる。同店をはじめとして、美容や健康に関心の高い顧客層の取り込みを図っていく。

 2020年4月の開業を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。