不動産ニュース / 仲介・管理

2019/10/1

三井リアル、賃貸仲介に電子契約を導入

 三井不動産リアルティ(株)は1日、個人間の普通賃貸借契約において、電子契約サービスの運用を開始した。

 契約手続きの負担軽減とペーパーレス化の推進が目的。電子契約サービスの開発に当たっては、(株)LIFULLが導入を支援し、同社が業務提携する弁護士ドットコム(株)の「クラウドサイン」を活用した。

 これまで賃貸借契約の手続きには、契約書類への記名・押印や書類の郵送・返送など、時間と手間がかかっていた。今回、電子契約を導入することで、約2週間かかっていた契約手続きを最短1日でできるようにする。

 貸し主・借り主双方が電子契約を希望した場合に実施。貸し主・借り主が三井不動産リアルティのホームページに設けたユーザー専用ページにアカウント登録し、本人認証を行なうと貸し主にメールで賃貸借契約書のPDFをアップデートしたURLを送付する。書類の確認後、必要事項を記入して契約書の内容に同意する旨を示すボタンを押すと、手続きが完了。その後、借り主にもメールを送り、同様のフローで手続きを進める。双方が契約内容に同意した時点で契約締結となり、電子署名を付して契約締結の証跡を残す。

 また、契約締結後は、契約後は書類の管理・保存も必要だったが、貸し主・借り主双方に契約書類が配信され、多様なデバイスからユーザー専用ページで確認できるようにするなど、契約後の利便性も向上させた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

IT重説

不動産取引における重要事項説明を、インターネット等を利用して対面以外の方法で行なうこと。宅地建物取引業法が定めている重要事項説明における対面原則の例外である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。