不動産ニュース / 開発・分譲

2019/10/3

諫早駅前再開発で分譲マンション/大京

「ライオンズ諫早ステーションスクエア」イメージ

 (株)大京はこのほど、「ライオンズ諫早ステーションスクエア」(長崎県諫早市、総戸数105戸)のマンションギャラリーを、26日より公開する。

 同物件は、2022年に新幹線停車駅となる「諫早」駅徒歩2分。長崎県で初めて実施される、新幹線停車駅周辺の市街地再開発事業「諫早駅東地区第二種市街地再開発事業」の一環。

 同事業では、鉄道とバス・タクシー等とのさらなる結節機能強化を図るための施設整備を計画するI棟と、商業・業務機能の集積とまちなか居住の促進を図るII棟の2つの施設建築物を予定。このうちII棟の居住部分を「ライオンズ諫早ステーションスクエア」として分譲する。

 敷地面積約3,725平方メートル。鉄骨コンクリート造地上16階建て、延床面積約1万5681平方メートル。同市で最高層の物件となる。間取りは1LDK、3LDK、4LDK。専有面積は63.31~86.55平方メートル。

 エントランス、1階エレベーターホール、住戸玄関、住戸内のドアや窓を4重のセキュリティ体制で家族の安心と安全を確保する。

 販売戸数、販売価格は未定。

 竣工は21年3月17日、入居開始は同24日の予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。