不動産ニュース / 開発・分譲

2019/10/15

甲子園球場隣地に展示館や商業の複合施設

現在の「甲子園歴史館」

 阪神電気鉄道(株)は、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)南側の西宮市所有地に商業施設を整備する。

 建設地は、甲子園球場に隣接。球場と高い相乗効果を図れる施設を整備することで、より多くの来場を見込む。敷地面積は3,243平方メートル、建物は鉄骨造3階建て、延床面積は約5,000平方メートルを計画。

 当該建物には甲子園球場に入る展示施設「甲子園歴史館」を一部移転して拡充。さらに、キッズゾーンなどの地域拠点エリアを整備するほか、飲食・物販店舗を誘致して野球・スポーツの振興と地域交流の拠点としての機能を持たせる。また、球場とデッキで接続することで、球場を中心とした新たなにぎわいの創出も図る。

 2020年春頃に西宮市と土地一時使用賃貸借契約を結んで着工、21年春には、事業用定期借地権を設定して契約、開業する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年6月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

各種法律の改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/5/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年6月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
解説「令和2年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、民法(相続法)、土地基本法(案)、建築物省エネ法などの改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説!併せて、「取得」「保有」「運用」「譲渡」「相続・贈与」といった場面ごとの税制特例も網羅します。資料編として、税額表も各種計算例も掲載。ご一読いただき、日々の実務にお役立てください。