不動産ニュース / 開発・分譲

2019/10/25

福岡市の再開発で、多世代交流拠点を開設

ライブラリー

 西日本鉄道(株)は、福岡アイランドシティ(福岡市東区)内の「センターマークス街区」において、多世代交流拠点となるコミュニティセンターを11月17日にオープンする。

 同社は同街区で、福岡市が策定した「超高齢社会対応型」健康ネクストタウン計画に基づき、多世代が交流するまちづくりを推進。シニアマンション「サンカルナ香椎照葉」(一般居室136室・介護専用居室24室、12階建て)や、分譲マンション「センターマークスタワー」(総戸数283戸、46階建て)、賃貸マンション「ラクレイス香椎照葉」(同116戸、12階建て)といった多世代住宅の他、スーパーマーケットやバス営業所等の多機能な施設を整備している。

 今回開設するコミュニティセンターは、「サンカルナ香椎照葉」3階共用施設の一部として設置。約110平方メートルの多目的ホールや、約400冊を所蔵するライブラリー、映画鑑賞やカラオケが楽しめるAVルーム、レストランを設ける。

 また、同マンションと「ラクレイス香椎照葉」3階をつなぐペデストリアンデッキ内には、マルシェ等の野外イベントが行なえるコミュニティ広場も設置する。

コミュニティ広場

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。