不動産ニュース / IT・情報サービス

2019/11/5

AI・RPAで不動産業務を自動化/オープンハウス

宅地自動区割りシステムの画面

 (株)オープンハウスは5日、AI・RPA(ロボットによる業務自動化)技術を活用して不動産の業務を自動化し、年間2万5,700時間の工数削減に成功したと発表した。

 同社では2018年より、内製で既存のAI・RPA技術を活用した開発を開始し、すでに10テーマを実現した。
 設計業務では、宅地の仕入検討時におけるプラン図の作成(宅地区割り)の設計作業を自動化した。遺伝的アルゴリズムを2次元の図形分割問題に適用することで、複雑な建築ルールを遵守しながら最適な区割りプランを提案するシステムを開発。区割りを実施する際の制約条件となるパラメータを入力すると、それを遵守した状態でのプラン候補を提示する。このアウトプットをCADファイルとしてダウンロード、人が確認することで、作業工数を8割程度削減することが可能に。現在は実証研究として現場でのトライアルを開始、実現すれば世界初の試みとなる。なお同技術については特許出願中。

 仲介業務では、社内のファイルサーバに保存された各種営業資料を分類して必要な資料の抜粋、編集を自動化。これにより、煩雑かつ単調な業務に工数を多く割いてきた顧客に提示する資料を、ディープラーニングによる機械学習技術を活用し、工数を大幅に削減する。

 また、仲介・開発業務では、一連の物件関連資料の社内外複数システムからの取得および送信を、RPA技術を活用することで自動化。スマートフォンから最低限の必要事項を記入したメールを送るだけで、1~2分程度で必要資料を集めて送付するロボットを開発。これにより工数削減を実現する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

新法成立の背景、ポイントを解説!賃貸管理業のこれからを探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/8/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年9月号」が好評発売中です!ご購入はショップサイトから。
TOPIC「新法成立で賃貸管理業は」では、6月に成立・公布された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」について、成立の背景やポイントを分かりやすく解説。行政、関係団体トップのコメントも掲載し、新法が賃貸管理業に与える影響などを考察します。
特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社が運営する「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に分け、弁護士が丁寧に解説します。