不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/11/6

景気DI、増税・台風響き3ヵ月ぶりに悪化

 (株)帝国データバンク(TDB)は6日、2019年10月の「TDB景気動向調査」結果を発表した。調査対象は2万3,731社、有効回答1万113社。

 同月の景気動向指数(景気DI:0~100、50が判断の分かれ目)は43.9(前月比1.1ポイント減)と、3ヵ月ぶりに悪化。国内景気は、低調な設備投資や消費税率の引き上げにより後退局面入りの可能性が続く中、さらに台風による被害が悪影響を及ぼした。貿易摩擦や世界経済の減速といった懸念材料も多く、不透明感が一層強まっている。

 業種別では、10業界中「建設」「不動産」など8業界が悪化。「農・林・水産」「その他」の2業界が改善した。

 「不動産」は45.9(同2.1ポイント減)。「観光需要はプラスだが、個人の住宅需要は模様眺めの状況」(不動産代理・仲介)、「不動産売買の状況が停滞している上、住居、店舗賃貸の入居率も思わしくない」(貸間)といった声が挙がった。「建設」は52.1(同1.0ポイント減)。「技術者の不足で工事の遅れや受注の見送りが出ている」(一般土木建築工事)、「台風の被害などにより予定していた業務が遅延」(電気通信工事)などのコメントがあった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。