不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/11/29

投資市場、「ピークに達している」が73.6%

 (一財)日本不動産研究所(JREI)は、第41回不動産投資家調査の特別アンケート「2020東京五輪と五輪後の不動産投資市場」の調査結果を発表した。

 東京五輪や五輪後の不動産投資市場に係る不動産投資家の認識について調査。アセット・マネージャーやアレンジャー、ディベロッパー、不動産事業者など197社にアンケートを送り、133社から回答を得た。

 日本の不動産投資市場の現状認識については、「ピークに達している」との回答が73.6%で最も多かった(前回調査では同回答が77.4%で最多)。「ピークに達している」とした回答者のうち、その理由については、「著しく低い利回りによる取引が多く出現している」が78.7%で最多となった(同73.7%で最多)。

 東京五輪が不動産投資市場の活性化へ及ぼす影響については、「期待している」が66.7%で全体の約7割を占めた。

 東京五輪後の不動産投資市場については、「価格や賃料はあまり変わらない」が55%で全体の過半を占めた。一方、「価格や賃料は緩やかに下落する」が33.3%となった。

 東京五輪後の不動産投資市場の新たな成長ドライバーとしては、「IR(統合型リゾート)」が最多(273ポイント)に。次いで「AIやIoTなどテクノロジーの進展」(180ポイント)、「投資対象アセットタイプの多様化(データセンター、病院など)」(172ポイント)となった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

不動産投資

資金を不動産(土地・建物)の購入・賃貸に充てて運用し、収益を得ることをいう。運用益は、不動産価格の上昇益(キャピタルゲイン)または賃貸料収入(インカムゲイン)として得ることになる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/8/1

「海外トピックス」更新しました!

『豪』快なリモコンごみ収集【オーストラリア】」配信しました。
ブリスベンに在住するライターが、現地の「ゴミ回収」事情をレポート。日本では数人の収集作業員が集積所からごみを集め、回収車に投げ込むのが一般的ですが、豪州の回収方法は先進的で、そして豪快。記事を要チェック。