不動産ニュース / 不動産金融・証券化

2019/12/4

トーセイ、不動産CFサービス開始へ

「SPCを活用した不動産クラウドファンディングサービス」のイメージ

 トーセイ(株)は2日、不動産特定共同事業法に係る許可申請(電子取引業務を含む)を行なった。

 同社は事業領域拡大に向け、不動産クラウドファンディング(CF)の研究を進めてきた。すでに、電子取引に係る社内管理体制を強化し、金融庁より第二種金融商品取引業における電子申込型電子募集取扱業務に関する許認可を取得している。

 今回の許認可を取得した後は、不特法に基づく特例事業者(SPC)を活用して、オンラインで手軽に不動産投資ができる不動産クラウドファンディングサービスを開始する考え。個人投資家に対して、大型の不動産に対して少額から投資が可能になる機会を提供することで、収益機会の拡大を図る。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

不動産特定共同事業法

出資等を受けて不動産取引を行ない、その収益を分配する事業の仕組みを定めた法律で、そのような事業を「不動産特定共同事業」という。1994(平成6)年に制定された。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.373 変わる食の風景と「ニュー・ノーマル」【マレーシア】」配信しました!
マレーシアは「外食天国」と呼ばれるほど、飲食店が多い国。開放的な簡易食堂や集合屋台、フードトラックなどなど、その業容のさまざま。しかし、コロナ禍で飲食をめぐる環境が一変。現地ライターがレポートします。