不動産ニュース / 開発・分譲

2019/12/13

西鉄、米シカゴで物流倉庫を開発

 西日本鉄道(株)は12日、現地子会社のNNR Realty Investments USA,Inc.を通じて米・イリノイ州シカゴで物流倉庫を開発すると発表した。

 三菱商事(株)傘下の北米不動産投資会社Diamond Realty investments,Inc.と、そのパートナー企業であるCrow Holdings Industrialとの共同事業。

 シカゴ中心部から約50kmに位置し、敷地面積は約43万2,000平方メートル。建物は鉄筋コンクリート造1階建て4棟、総延床面積9万6,000平方メートルになる物流施設を建設する。総事業費は日本円で約105億円。

 竣工は2020年7月の予定。テナントの入居が一定程度進んだ段階で機関投資家等に売却する予定。売却時期は21年10月を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?