不動産ニュース / 団体・グループ

2020/1/15

応急仮設住宅の供給に尽力/プレ協

冒頭挨拶する同協会会長の芳井敬一氏

 (一社)プレハブ建築協会は15日、アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)で新年賀詞交歓会を開催した。

 冒頭挨拶した同協会会長の芳井敬一氏は、「昨年は台風15号、19号等、水害の多い年だった。当協会は長野県、宮城県、茨城県の3県で約313戸の応急仮設住宅を引き渡した。埼玉県では、76床の福祉型応急仮設住宅を建設中で、3月の引き渡しを目指す」と述べた。また、優良な住宅ストックへの建て替え、リフォーム提案の強化が課題であるとし、近年頻発する自然災害を踏まえ、「レジリエンス性の高い住宅も供給していく」とした。

 続いて、来賓として挨拶した赤羽一嘉国土交通大臣は、「住宅投資は、国の内需を支える重要な役割を担っている。昨年には消費増税があったが、引き続き住宅取得支援策の周知を図り、経済に影響が出ないよう努める。また今後の住宅政策を展開する上での指針となる住生活基本計画も、皆さまの意見を基に議論を深め、2020年末までに見直しを図りたい」などと述べた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。