不動産ニュース / イベント・セミナー

2020/1/20

マンションの再生手法をテーマにセミナー

セミナーの様子

 (公財)マンション管理センターは17日、「マンション再生セミナー~改修・建替え・敷地売却…マンションの将来を考える~」をすまい・るホール(東京都文京区)で開催。マンションの再生手法や、管理組合がマンション再生へ取り組む際の注意点等を解説した。

 第1部では、日鉄興和不動産(株)常務執行役員都市政策情報開発室長の松本久長氏が建て替えや敷地売却制度を活用したマンションの再生手法を紹介。建て替えについては、「修繕、改修と異なり専有部分も含めて刷新できる点がメリット。ただし、容積率の変更により建て替え後の建物規模が減少するといった物理的な課題や、建て替え費用の問題から計画が進まない場合も多い」と説明。マンション建替え円滑化法を活用した建て替え手法などを含めた解決策について解説した。

 第2部では、マンション総合コンサルティング(株)代表取締役で同センター参与の廣田信子氏がマンション再生等に関わる重要な決議において、住民の合意形成を図るための管理組合運営のコツを解説。重要案件を検討する前段階から、理事と住民間の信頼関係を構築しコミュニティを醸成しておくことが必要だとした。「住民が、『理事会では今何が起きているんだろう?どうなっているんだろう?』とモヤモヤする時間を極力減らすことが信頼感アップにつながる。そのためには、理事会後の報告は迅速に行なうなど、住民に対してオープンな姿勢を見せることが効果的」(同氏)。

 同セミナーは今後、東京、大阪、名古屋で継続して開催する。また、各セミナー後には、(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターによる「分譲マンション建替え等に関する特別相談会」(無料・要予約)も行なう。セミナー、相談会の詳細は、マンション管理センターのホームページを参照。

この記事の用語

管理組合

分譲マンションなどの区分所有建物において、区分所有者が建物および敷地等の管理を行なうために区分所有法にもとづいて結成する団体のこと(ただし区分所有法上では「管理組合」という言葉を使用せず、「区分所有者...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。