不動産ニュース / 仲介・管理

2020/3/25

管理物件の屋根点検をドローンで

ドローンを操作している様子

 大東建託パートナーズ(株)はこのほど、管理する賃貸建物の屋根点検にドローンを活用する取り組みを開始した。

 屋根は目視での点検がしづらく、これまでは、外壁や雨どいの破損が発生して建物外周に足場を組んだときに、高所から点検する形をとっていた。ドローン使うことで、今後はいつでも屋根点検を実施することができる。

 高所作業が不要となり、安全性が向上。さらに赤外線カメラを搭載したドローンを使用することで、屋根に設置された太陽光パネルの断線といった目視では分からない不具合についても、電圧抵抗で発生する熱検知により発見できるようになるという。

左が通常撮影、右が赤外線撮影の画像。赤外線撮影では、断線などの不具合が青色となり、速やかに特定できる

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。