不動産ニュース / 仲介・管理

2020/3/25

リスト、ハワイ不動産に一元管理システム導入

「Wealth Park」を使った管理画面イメージ

 リストインターナショナルリアルティ(株)は25日、不動産オーナー向けの資産管理・運用ソフトウェア「Wealth Park」を4月1日から導入すると発表した。

 同社は2012年にハワイでの高級コンドミニアム開発に参画して以来、現地に2拠点を構えて不動産売買仲介、販売後の物件管理、売却相談などにワンストップで対応している。ただ、物件管理では管理担当者メールや電話ベースで問い合わせ対応や報告書提出を行なっており、オーナー・管理担当者双方が関連書類やデータを各自で管理しなければならず、管理担当者以外が対応することが難しいといった課題もあった。今回、同システムを導入することで、資産情報の管理やポートフォリオ物件・ローンの概要、契約書等の管理、収支報告書のダウンロードといった業務をスマートフォンアプリやウェブ上で一元管理できるようにする。また、システム上でオーナーとのチャットもできるためコミュニケーションも取りやすくなるという。

 4月1日以降、順次同社が管理を受託するハワイの不動産を同システム上での管理に移行していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。