不動産ニュース / 開発・分譲

2020/3/26

台湾のアウトレットモール第2期開発に着手/三井不

「三井アウトレットパーク台湾林口」第2期開発計画イメージ

 三井不動産(株)は24日、「三井アウトレットパーク台湾林口」(台湾新北市)の第2期開発計画に着手すると発表した。

 台北市中心部から車で約30分、桃園空港から車で約20分、MRT「林口」駅から徒歩5分に立地する、アウトレットモールを含めた複合商業施設。2016年1月に第1期を開業している。

 第2期開発の計画地は、2019年12月に実施された「林口媒体園区(林口メディアパーク)入札案」に同社が入札し、落札したもの。同事業のプロジェクト会社である「三新二奥特萊斯股份有限公司」を通じて新北市政府と投資契約を締結した。敷地面積約2万7,920平方メートル。延床面積約9万750平方メートル。インターナショナルブランドや日系ブランドのアウトレット店、飲食店、エンターテインメント施設等、約90店舗が出店する予定。第1期と合わせると敷地面積約9万5,260平方メートル、延床面積約23万1,330平方メートル、店舗数は約310店となり、台湾最大級のアウトレットモールとなる。

 開業は、24年を予定する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/1

「海外トピックス」更新しました!

日常にとけこむ「温室リノベーション物件」【オランダ】」配信しました。
国土の半分以上が耕地であるオランダでは、特に野菜や花の温室栽培が盛ん。一方でまちなかには、老朽化などを機に長年放置されている温室が多く、近年はそうした温室をコミュニティスペースや飲食店として再生する試みが見られます。