不動産ニュース / その他

2020/5/11

緊急事態宣言延長を受け、業界団体が対応

 緊急事態宣言延長を受け、業界団体が新型コロナウイルスのこれまでの対応を継続すること、新たに対策を講じることを発表した(5月11日時点)。以下、順不同。

◆(公社)全国宅地建物取引業協会連合会
・5月29日まで時差出勤、在宅勤務を継続
・15日まで、書式相談業務を休止。18日より電話転送方式による相談業務を再開する予定
・15日まで弁護士電話法律相談業務を休止。22日より再開する予定
・18日の税理士電話税務相談業務を休止。6月15日より再開する予定

◆(公社)全日本不動産協会
・総本部事務局の業務時間を10時30分~15時30分に短縮
・12日より、全日不動産相談センターは受付を13時~15時とする(火曜・木曜)
・操作に関するコールセンターは電話での受付を休止し、インターネットの問い合わせフォームからのみ受け付ける

◆(一社)不動産流通経営協会
・当面の間、総本部事務局の業務時間を10時30分~15時30分とする
・12日より、全日不動産相談センターの受付時間を毎週火・木曜の13時~15時とする
・会員向け契約書関係操作のコールセンターは、当面の間電話での受け付けを休止。インターネットの問い合わせフォームからのみ受け付ける

◆(一社)日本ビルヂング協会連合会
・第80回定時総会にかかる参加申込金返還手続きを開始

◆(公財)不動産流通推進センター
・不動産相談、教育事業に関する問い合わせの電話受付時間を11時~15時に変更
・公認不動産コンサルティングマスター関連の更新手続きを、6月30日から9月30日に再度延期

◆(公財)日本賃貸住宅管理協会
・4月25日から停止していた賃貸住宅に関する新規の相談受け付けを11日より再開
・職員の在宅勤務、緊急事態宣言対応のための業務体制変更は継続

◆(一社)マンション管理業協会
・法定講習「管理業務主任者資格登録に係る登録実務講習」、「管理業務主任者証の交付に係る講習」について、5月31日までの開催分を延期とする

◆(一社)全国住宅産業協会
・5月29日まで、事務局職員の交代勤務制とする。業務時間は9~16時30分とし、宅地建物取引士法定講習の来所による受付業務は中止とする

◆(一社)日本ツーバイフォー建築協会
・緊急事態宣言発令期間は在宅勤務を継続

◆(一社)日本木造住宅産業協会
・5月31日まで主宰する講習会、セミナーの開催を取りやめる

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。