不動産ニュース / その他

2020/5/18

産官学連携研究拠点「CREI」が設立シンポジウム

 東京大学連携研究機構 不動産イノベーション研究センター(略称:CREI、センター長:東京大学大学院経済学研究科教授・柳川範之氏)は18日、「発足記念オンライン・ シンポジウム」を開催した。

 CREIは、社会情勢の変化に伴い不動産のニーズや役割が大きく変化していることを受けて、日本初の不動産に関する産官学連携の研究拠点として4月1日に設立。経済学研究科、工学系研究科、総合文化研究科、情報理工学系研究科、公共政策学連携研究部、空間情報科学研究センター、未来ビジョン研究センターといった学内の各研究機関との連携はもちろん、不動産会社や不動産業界団体、国土交通省などとも協力しながら研究を進めていく。想定稼働期間は5年間。

 不動産データの蓄積・分析により、AI・ビッグデータ解析に結びつける基盤を構築するとともに、(1)東京など大都市の都市力向上方策、(2)エリア価値増進、(3)不動産情報の集約化と評価・分析方策、(4)新技術の導入とこれからの不動産業いったテーマ別の研究を進めていく。

 (1)では大都市の都市力・国際競争力に必要な、老朽ストック解消に向けた制度、(2)では、都市郊外部での生活支援サービス展開によるエリア価値への効果などを検討。
 (3)は、不動産取引データを活用した不動産価格の組成要因分析などを行なうほか、レインズの情報充実、一定ルール下における必要な情報開示の枠組み構築、それに伴う新たな政策分析、ビジネスモデルの構築などを研究する。
 (4)は、不動産分野における新技術の導入方策、将来の新たな不動産業のあり方などを検討する。

 柳川センター長は、「産官学で連携しながら、今不動産業が直面するさまざまな課題の解消につなげていきたい。われわれの研究成果が、これからの不動産業に必要な政策、制度、規制づくりのベースとなって、学術界・産業界双方の発展につながれば」と述べた。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。