不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/5/25

東京圏の地価変動率、商業地22四半期ぶりマイナス

 (株)三友システムアプレイザル不動産金融研究所は25日、「三友地価インデックス 東京圏の最新地価動向」を発表した。

 東京圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)における当期(2020年1~3月)の地価変動率は、住宅地が前年同期比5.7%プラス(前期比1.2ポイントプラス)と、14四半期連続のプラス。商業地は、近年の大幅上昇の反動で同1.4%マイナス(同9.6ポイントマイナス)となり、22四半期ぶりのマイナスに転じた。都県別に見ると、住宅地は4都県いずれも都市部と地方部の地価二極化状況などにより四半期ごとのばらつきはあるものの、おおむね堅調に推移。商業地は直近の大幅上昇の反動を受けて低下した。

 1994年第2四半期を100とした地価指数は、住宅地が74.1(同1.4ポイントプラス)で、08年頃のいわゆる不動産ミニバブル期水準まで回復した。商業地も62.0(同0.6ポイントプラス)と、すでにミニバブル期水準越えまで回復している。都県別では、住宅地は都県間の格差が大きく、東京都(89.9、同1.5ポイントプラス)と神奈川県(75.0、同1.7ポイントプラス)が相対的に高い。商業地は、バブル景気崩壊後の下落幅が住宅に比べて大きかったため、回復してきたとはいえ、住宅地に比べて圏内全域でそれぞれの水準は低い。

 東京都内エリア別の住宅地・商業地・工業地では、地価変動率は都心部(前年同期比3.0%マイナス)、南西部(同2.4%プラス)、北東部(2.5%プラス)、多摩地区(同0.3%プラス)と、急激な上昇傾向も収まり変動幅は縮小した。地価指数は南西部が相対的に高く、都心部(77.5)・南西部(94.1)、北東部(75.5)、都心3区(67.8)は不動産ミニバブル期水準にあるが、多摩地区(63.5)は上昇の著しい商業地が少なく回復力が弱い。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフター/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/8

「記者の目」更新しました!

人とまちをつなぐ商店街の『寄合所』」配信しました!
国際観光都市として知られる岐阜県高山市だが、観光の目玉である「古いまち並み」に隣接する中心市街地の商店街は、空き店舗化が進んでいる。地域を盛り上げようと、地元のある不動産事業者が立ち上がった。