不動産ニュース / 団体・グループ

2020/6/5

宅建試験、必要な人以外の受験自粛を要請

 (一財)不動産適正取引推進機構は5日、2020(令和2)年度の宅地建物取引士資格試験におけるスケジュール、および新型コロナウイルス感染症への対応について、官報公告した。

 インターネット申し込みは7月1日9時30分から7月15日21時59分まで、郵送の試験案内配布・申し込み受付期間は7月1日から7月31日まで。試験日は10月18日、13時から15時まで(2時間)、登録講習修了者は、13時10分から15時まで(1時間50分)。合格発表は12月2日。

 また、現在緊急事態宣言は解除されているものの、受験日(10月18日)当日の状況がどのようになっているかは予断を許さない状況であること、試験実施にあたり「3つの密」を避けるために、試験会場における受験者間の間隔を確保する必要があることなどから、早期の宅建士資格取得を迫られていない人に今年度の受験申込自粛に協力してほしい旨も掲載している。

 さらに、試験地における感染の状況により、試験の中止や試験会場の変更等を行なう可能性があるとし、その場合はホームページで発表する、とした。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。