不動産ニュース / 開発・分譲

2020/6/26

曜日単位で貸し出す新スタイルのオフィス

入り口そばには大きなカウンターを設置。コミュニケーションのきっかけにもなるテーブルゲームも備える
東京タワーを望む屋上スペース。Bluetoothスピーカーで音楽も流すこともでき、パーティの会場として活用できる

 サンフロンティア不動産(株)は25日、曜日貸しのシェアオフィス「WEEK(曜日オフィス)」(東京都港区)を報道陣に公開した。

 都営大江戸線・浅草線「大門」駅から徒歩4分、「芝大門MFビル」(東京都港区)の8階に位置。同物件は、同社が不動産再生事業を行なう前提で2012年に取得した1990年築、8階建てのビル。延床面積約2,424平方メートル。8階のテナントが移転したため、1フロア全体(約215平方メートル)と屋上等を改修し「WEEK」を開発した。

 「WEEK」は、日・週・月単位ではなく、曜日単位で1フロア全体を1企業向けに貸し出すオフィス。1日単位でコワーキングスペース等を利用するには予約の手間がかかり、コストも嵩むと感じる企業が多いため、1ヵ月単位(最初のみ3ヵ月)で契約でき、週に1度、決まった曜日のみ利用できる“曜日制”を導入。賃料は抑えつつ、什器や設備等は1社単独では用意できないハイグレードなものを提供する。

 スタッフが集いやすいよう、入り口付近には大人数が集えるカウンターテーブルを設置。その他、最大12人掛けの大テーブルや、ラフに座れるひな壇形式の席など多様なスペースを設けた。屋上はシンクやテーブル、ソファ等を備え、東京タワーを借景にイベントやパーティを楽しめる環境としている。
 付帯設備としてプリンター、プロジェクター、スクリーン、企業ごとに利用できるロッカーとキャビネットなどを用意。また、ウォーターサーバー、コーヒーマシン、無人コンビニ等も設けた。利用料金は賃料に含む(無人コンビニの商品購入代金は別)。
 セキュリティ面では、スマートロックを採用して各企業が利用曜日のみ解錠できるように した。

 同社リプランニング事業部企画開発グループ係長の猪俣俊輔氏は、「週に1度だけ利用するスペースでありながら、法人登記もでき、自社専用のロッカーも確保できるなど“ホーム感”がある点も特徴です」とコメント。問い合わせ数は案内開始から4日間で4~50件にのぼり、IT系のスタートアップ企業からの引き合いが強いという。

大テーブル、ボックス席など多様なスペースを用意
無人コンビニなど、付帯設備も充実させた

この記事の用語

リモートワーク

従業員が、情報システムを利用して自宅など職場以外の場所で勤務すること。英語のremoteworking(リモートワーキング)である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。