不動産ニュース / 仲介・管理

2020/6/26

川崎駅開発街区に貸し会議室/JR東日本

(左)「JR川崎タワー オフィス棟」、(右)「ホテルメトロポリタン 川崎」

 (株)ジェイアール東日本ビルディングは、2021年4月に全体完成予定の街区「KAWASAKI DELTA(カワサキデルタ)」内の「JR川崎タワー オフィス棟」3階に貸し会議室「ステーションコンファレンス川崎」(川崎市幸区)を開業すると発表。開業日は21年6月1日で、7月1日より予約を開始する。

 同社は、東京、池袋、万世橋(秋葉原・神田)の3エリアで貸し会議室を運営。同会議室は4施設目となり、神奈川エリア初進出となる。JR「川崎」駅徒歩3分に立地。駅直結の屋根付き歩行者デッキで雨でも濡れずにアクセスが可能。

 「KAWASAKI DELTA」は、敷地面積約1万2,400平方メートル、延床面積約13万7,000平方メートル。オフィス、コンファレンス、保育施設の「JR川崎タワー オフィス棟」(地上29階地下2階建て)、カフェ・レストラン、フィットネス・スパの「JR川崎タワー 商業棟」(地上5階地下1階建て)、「ホテルメトロポリタン 川崎」(客室数304室、地上16階建て)で構成する。

 「ステーションコンファレンス川崎」では、ラウンジは、ホテルのロビーをイメージした落ち着いたデザインを採用。会議室は用途に応じて選べる大小8つの貸室を用意する。面積は15~334平方メートル(最大8~270名利用)。高輝度レーザープロジェクターと大型スクリーンを常設。研修やセミナー後の懇親会等、専任コーディネータが利用シーンに合わせたプランを提案する。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ラウンジ

談話や休憩のための部屋。英語のLounge。椅子や机が置かれ、くつろげる雰囲気が備わっている。ラウンジは原則として独立した部屋であるが、ホールに付属する休憩スペースなどをラウンジと呼ぶことがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。