不動産ニュース / 開発・分譲

2020/6/26

野村不、尼崎で商業施設の建て替えマンション

「プラウド阪急塚口駅前」完成イメージ

 野村不動産(株)は26日、新築分譲マンション「プラウド阪急塚口駅前」(兵庫県尼崎市、総戸数421戸)の概要を発表した。

 阪急神戸線「塚口」駅徒歩1分に位置。3棟構成からなる複合商業施設「塚口さんさんタウン」の「3番館」建替事業。敷地面積約6,485平方メートル、鉄筋コンクリート造地上16階地下2階建て。地下1階~2階を商業フロアとする複合マンションを開発する。

 住戸の専有面積は45.43~115.59平方メートル、間取りは1LDK~4LDK。共用部には集会室やラウンジを設置し、子育てや多世代交流を促す。また各階にゴミステーションを設け、エネルギーマネジメントシステム「エネコック」採用するなど、省エネ性にも配慮する。

 なお同プロジェクトは、環境配慮、地域経済活性化、社会課題への貢献などの3つの要素を満たした付加価値の高いマンションを認定する尼崎版「SDGs スマートマンション」の第1号事業に認定された。

 引き渡しは2022年10月下旬の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。