不動産ニュース / 仲介・管理

2020/7/2

東武、職住近接支援へ沿線にサテライトオフィス

「ソライエプラスワーク草加松原」

 東武鉄道(株)は6月30日、サテライトオフィス「ソライエプラスワーク草加松原」(埼玉県草加市)と「ソライエプラスワークふじみ野」(埼玉県富士見市)を同時オープンした。

 同社は、2017~19年度に厚生労働省の「『仕事と子育てを支援する』サテライトオフィスのモデル事業」に参画。3施設(埼玉県草加市、埼玉県富士見市、横浜市西区)のサテライトオフィスを運営してきた。その利用者の約75%が近隣の居住者や通勤途中に同オフィスがある人だったほか、子育てや介護との両立にも役立ったという回答も得られたことから、沿線の2施設を同社が事業主体となり運営し、沿線の職住近接環境を整備し、多様な働き方を支援していく。

 「ソライエプラスワーク草加松原」は、東武スカイツリーライン「獨協大学前<草加松原>」駅徒歩3分に立地。面積は約118平方メートル、席数は18席。「ソライエプラスワークふじみ野」は、東武東上線「ふじみ野」駅直結。面積は約83平方メートル、席数は16席。モデル事業におけるアンケート結果を反映し、営業時間の拡大や即時予約対応等の利便性向上に加え、執務スペースを仕切り、プライバシーを確保する等の機能性向上も図った。会員制で、利用料金は15分200円。

 なお、同社は野村不動産(株)と提携し、同社が都心中心に18施設を展開しているサテライトオフィス「H1T」との相互利用サービスを、20年度中に開始する予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

サテライトオフィス

本拠地から離れた場所に設置する小規模な事務所。サテライト(satellite)は「衛星」を意味する英語であるが、サテライトオフィスは和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

新法成立の背景、ポイントを解説!賃貸管理業のこれからを探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/8/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年9月号」が好評発売中です!ご購入はショップサイトから。
TOPIC「新法成立で賃貸管理業は」では、6月に成立・公布された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」について、成立の背景やポイントを分かりやすく解説。行政、関係団体トップのコメントも掲載し、新法が賃貸管理業に与える影響などを考察します。
特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社が運営する「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に分け、弁護士が丁寧に解説します。