不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/7/9

若者の住みたいまち、「吉祥寺」が3年連続トップ

 (株)FJネクストは8日、首都圏で一人暮らしをする人を対象に調査した、住みたいまちについてのアンケート結果を発表した。1都3県在住の未婚男女20~30歳代を対象にインターネットでアンケートを実施。調査人数は2,000人。

 1位は「吉祥寺」(前年1位)で3年連続のトップとなった。2位は「横浜」(同3位)となり、年々ランクアップ。3位の「新宿」(同2位)は、調査委開始以来常にトップ3内にランクインしている。

 「吉祥寺」を選択した理由では、「おしゃれな街」、「おしゃれなお店がある」など、“おしゃれ”というキーワードが目立った。その他、「公園がある」、「井の頭線と中央線が使える」、「都会過ぎない」、「買い物もしやすそうで都心へもすぐに行ける」等の理由が挙がっている。

 上昇組の中での注目は、トップ5入りした5位「中目黒」(同7位)と、トップ10入りした7位の「東京」(同12位)。また、17位の「代官山」(同27位)も一気に上昇した。

 一方、前年トップ10内だった9位「池袋」(同5位)と11位「下北沢」(同8位)は順位を下げ、3月に開業したJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」は1票だった。

 なお、「住みやすいまち」についても調査。トップが「吉祥寺」(同4位)となり、「住みたいまち」との2冠を達成。2位は「中野」(同2位)、3位は「新宿」(同1位)となった。

 また、「赤羽」(同6位)が5位「横浜」(同4位)を抜き4位に、9位の「高円寺」(同17位)と10位の「練馬」(同20位)が躍進し、トップ10入りした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

新法成立の背景、ポイントを解説!賃貸管理業のこれからを探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/8/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年9月号」が好評発売中です!ご購入はショップサイトから。
TOPIC「新法成立で賃貸管理業は」では、6月に成立・公布された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」について、成立の背景やポイントを分かりやすく解説。行政、関係団体トップのコメントも掲載し、新法が賃貸管理業に与える影響などを考察します。
特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社が運営する「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に分け、弁護士が丁寧に解説します。