不動産ニュース / 開発・分譲

2020/9/9

虎ノ門駅一体型の再開発、25年度に竣工/日土地

「虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業」外観イメージ

 日本土地建物(株)は9日、都市計画手続きが開始されたことに伴い「虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業」の計画概要を発表した。

 東京メトロ銀座線「⻁ノ門」駅に近接する約1.1haの計画区域において、オフィス、商業および産学官連携のビジネス創出・交流支援機能などで構成する複合施設を整備するほか、「⻁ノ門」駅の改良をはじめとした周辺地域との交通結節機能を強化する都市基盤整備を行なう。敷地面積約6,400平方メートル、延床面積12万6,000平方メートル、地上30階地下5階建て。同社は、(独)都市再生機構および住友不動産(株)とともに事業推進パートナーとして参画。「⻁ノ門一丁目東地区市街地再開発準備組合」とともに事業を進めている。

 同駅と周辺街区を結ぶバリアフリー動線(地下歩行者通路)や隣接する同社が地権者の1社として開発に参画した高層ビル「東京虎ノ門グローバルスクエア」と一体となった地下、地上駅前広場を整備。「(仮称)虎ノ門イノベーションセンター」を設け、多様な交流を創出する考え。帰宅困難者受け入れへの対応、72時間分の電力確保など災害時支援も強化する。

 21年度に組合設立認可を受け、22年度に着工、25年度に竣工する予定。

 なお、「(仮称)虎ノ門イノベーションセンター」の官民連携機能を担う「ソーシャルイノベーションハブ」のトライアル拠点を同駅至近に開設。官民連携事業の会議室やイベント会場などとして提供する。官民問わず社会課題解決に向けた取り組みを行なう団体・組織・個人間のネットワーク構築支援を行なうことでイノベーションを喚起する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。